ちゅ~る食べないねこっているのだろうか。

今日のアイキャッチ:twitterより、齧るねこ。

うちのねこず達はちゅ〜るが大好きです。
たぶん、ほとんどのねこさんが好きですよね。
特にお気に入りのフレーバーはありませんが、ちゅ〜るの封を切ると目の色が変わります。
ぺろぺろ舐める…そんな可愛いもんじゃありません。
くれーーーーーー!と引っ張るわ、爪は刺さるわ、袋は噛むわ、指は噛むわ…。

癒しの時間のはずが、戦場です。
最近しっかり歯が生え揃ってきたようで、噛む力に自信がついたはるさん。

狙ったちゅ〜るは離さない。顔にちゅ~るがついても気にしない。

引っ張られても離さない。

もう、白目剥いてますやん…

んぎぎぎいいいいいい

今回、はるに必死すぎて写真撮ってる余裕がなかったのですが、隣でも大騒ぎしてました。

さく、それはあかーーーーーん!

何があったのかわかりませんが、あっちも戦場だったようです。
飼い主的には、ねこずが1本のちゅ〜るを分けっこする姿とか見てみたいんです。
1度試してみたことはあるんですが、熾烈な戦いが始まり、飼い主が巻き込まれ怪我をしたので、諦めました。
本気噛みされて流血騒ぎになったので、もうこりごりです…。
大人になればわけっこできるようになりますかね。

今はひとり1匹の担当制です。
今のところ、こんなにテンション上がるのはちゅ〜るだけですね。
さすが、猫の嗜好性に特化したおやつだと思います。
ちなみにうちでは、ちゅ〜るは成猫用をあげています。(子猫用と記載がないものを成猫用ということにしています)

ちゅ~るを見つめるはるさん

子猫用もあるのですが、フレーバーの数が少ないのと、成分表では、たんぱく質以外が成猫用と変わらなかった為、成猫用をおやつに採用しています。
子猫用の方がたんぱく質が少し多いようです。
普段の食事で、たんぱく質の摂取量は十分満たしているので、おやつに関してはハードルを下げ、いろいろな味のもの、形状のものを食べさせるようにしています。
今のところは選り好みせず、いろんなごはんやおやつを食べてくれるので安心しています。

実家のお猫様はごはんへのこだわりが強すぎて、カリカリ以外食べてくれない

そんなことにならないよう、少しずつですが食育を始めております。
実家のお猫様にはうちのねこずのおやつを差し上げて、カリカリ以外に食べてくれるものを探してます。
ちゅ〜るは何とか食べてくれました。
次は何を持って行こうかな〜と考えています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です