初めて覚えた言葉は「ごはん」でした。

今日のアイキャッチ:水を飲んでるのか、お皿の淵を舐めてるのかよくわからない水の飲み方をするはるさん。

今日は、タイトルの通りの話なんですが、やっと!はるが!言葉に反応するようになりました!

さくは自分の名前を覚えつつあるのと、飼い主たちが叱ると文句を言うので、言葉は伝わってるんですよね。

ただ、はるは一切シカト!

名前だろうが、叱られていようが完全に意味がわかっていなかったはるでしたが…。

本日、「ごはん」という単語に反応しました!

発端は、飼い主たちの夕食が魚料理だったため、部屋が焼き魚のにおいで充満…。

ねこずは食事中はお邪魔ばっかりしてくるのと、食べちゃいけないものにも反応するので、一時的に閉め出しております。

閉め出し時間が終了し、ねこずを部屋に再び入れたとき、いい匂いがするもんだから大騒ぎ!

ごはんが貰えるんじゃないかと足元をぐるぐると旋回、すりすりごつんごつんもやります。

特にはるがきらきらした目でこちらを覗いてきます。

はる、ごはんじゃないよー
いいぇえ”あ”あ”ああ(ダミ声)

…ん?

ごはんじゃないよ
いえ”え”え”ぁあ”あ”あ”(ダミ声)

んん…?

このあと何度か「ごはん」と言ってみたら全部反応しました!

「はるー」と名前を呼んでも無視されましたが!

これは確定ですね。

「ごはん」しっかりと覚えました!

さすが食い意地張ってるだけあるね!

飼い主たちとすれば、「はる(自分の名前)」と「ダメ」を先に覚えて欲しかった…!

そんな希望を打ち砕くはるが好きです。

いつも笑いと驚きをありがとうございます。(はるはおとぼけお笑い担当です)

ごはんくれるんでしょ!?(興奮しすぎてお口がとんがってる)

はるはごはんをくれると信じて疑ってないのですが、さくは薄々とごはんじゃないなということを察し始めています。

さくは諦めてソファへ移動…。はるはキラキラした目でこちらを見つめてきます。

残念ながら違うよ…!

数分粘って、どうやらくれないということを察したらさっさとその場から離れていきました。

さくはこういうところの諦めは早い(いたずらに関しては非常にしつこい)のですが、はるは食べ物に関しては執着心がすごいです。

今日も洗米しようとお米を軽量しているところにはるが割って入ってきて、生米を食べてました…。

猫がお米食べてもおいしくないと思うし、わざわざグレインフリーのキャットフード買ってるんだからやめてください。

グレインフリーの意味なくなるからね!!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です