猫カビパンデミック!

今日のアイキャッチ:さくの今日のお昼寝の姿が人間っぽい

実は…我が家、みんな猫カビです!
ねこずはもちろん、にんげんにまで感染しました…。(猫カビは人獣共通感染症です)
相方は5ヶ所、私は数えたら17ヶ所に猫カビ特有のリングワームがぽつぽつと出現。
顔にまで出始めたので、皮膚科へ行ってまいりました。
リングワームの出来た箇所は蚊に刺されたとき以上にかゆいです。
搔き壊すと悪化するので、冷やしたりしてかゆみを抑えるようにしましょうね…。

先生曰く、私が今月3人目の猫カビ患者、かつ一番重症だったらしいです…。

猫カビ=真菌なので、ひとまず市販の水虫薬で病院行くまでの数日間対処していました。
目に見える程効果があるわけではありませんが、塗ったところは広がらなかったので、それなりに効果は出たと思います。
ただ、市販薬を使う場合は医師の処方ではないので、自己責任です。
間違ってもステロイドのお薬は塗ってはいけません。

ステロイドの副作用で皮膚の免疫力が低下し、重症化する場合もあります

抗生物質は菌に対して効く=カビにも効くのは間違いです。
抗生物質は確かに菌に効果を発揮しますが、カビには全く利きません。
抗生物質の表記があるお薬の中にステロイドも入ってることがあるので、ご注意ください!
水虫の薬には抗真菌薬と抗生物質も入っていますが、ステロイドは入っていません。
猫カビ自体は水虫と同じ真菌なので、市販薬で対処出来るかもしれないですが、出来れば早めに皮膚科へ行きましょう!

ひとまず、猫カビの話は置いといて…。
話が変わりますが、はるは和室がよく似合います。

ひょこっとやってきて…

窓際でひなたぼっこ

足長で、完全な洋猫顔していますが、寛いでる写真がかなり様になっています。
すてき。

もちろん、さくも似合いますよ。
でも、写真撮ろうと思ったらすぐじゃれたり移動するのでなかなかピンでの撮影は難しいです。
子猫なので動く、動く。
ただでさえ黒猫は写真撮るのが難しいのに…。
かわいいの撮れた!と思っても、プレビューしたらぶれっぶれなんてことは日常茶飯事です。
相方の一眼レフもあるのですが、すぐにパシャっと撮ることができないので、画質は悪いですが、iphone(自分の携帯)に頼り切っています。
もう少し落ち着いたら一眼レフできれいで高画質な写真を撮りたいですね!
今が一番かわいい時期ですが、なかなかかわいい姿を収めることが出来ず、悔しい飼い主でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です