動物病院も慣れっこです

今日のアイキャッチ:amazonのダンボールの所有権をかけた熱き戦い

今日は3回目の動物病院に行ってきました。
2匹とも寄生虫のコクシジウムの検査と、猫カビの経過を診てもらってます。
1回目は猫カビ、2回目は下痢が続いてたので検便(コクシジウム発覚)してもらいました。
コクシジウムは保護施設にいた頃に、他の野良猫ちゃんからうつったかな?
もしくは洋猫MIXなので、もともとがキャリアだったかな?(保護猫で親がどんな猫かもわからないので、推測ではありますが)
…という感じで、譲渡時の環境変化でお腹ぴーぴーに。
コクシジウムは洋猫さんが持ってることが多いようなので…。
(多分そのうち記事にすると思います)

譲渡から数日後にボランティアさんからの連絡で、他の子が引っかかりましたと連絡があったので、お薬(バイコックス)も郵送で頂きましたが、念のため検査しました。
バイコックスも、ねこずそれぞれに1回投与してみましたが、失敗に終わったようです…。(飲ませ方が悪かったのか…)

動物病院も来院3回目となれば、寝る余裕だって出てきます。
さすがのねこず様です。
特にさくは、周りにでっかい犬がいても平常心な大物です。

お薬の中身は聞きそびれましたが、駆虫薬は2週間投与するとのことなので、恐らく「サルファ剤」だと思います。
どの病院でも駆虫薬として出されるようなオーソドックスな駆虫薬ですね。
プラス整腸剤と、猫カビ用に舐めても害がほぼゼロの消毒液も頂いています。
先週もらった駆虫薬は飲み切りましたが、もう1週間投与を続けるので、今回も1週間分出されいます。

ひとまず、おなかぴーぴー問題は先週分の駆虫薬で解決しつつあるので、あとは猫カビですね。
先生曰く、塗り薬もあるとのことですが、舐めると害があるのでもう少し経過観察することになりました。
前にもらった消毒液が残ってるので、そちらを使いつつ、カビに感染した部分は取りつつ…でこれ以上のカビの拡大を防いでいく予定です。
猫に害があるものはやっぱりできるだけ使いたくないので、飼い主の努力と猫の免疫力でなんとか乗り切ろうと思います。

病院の待ち時間が長く、退屈だったようで、おうちに帰ったらめいいっぱい遊んで頂きました。

amazonのダンボールが丁度いい遊び道具になったようです。

後ろから静かに近寄るさく

所有権争い(はるの勝利)

ハッスルしすぎ…。
イケメンが台無しですよ、はるさん。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です