好奇心旺盛

今日のアイキャッチ:お気に入りのねずみ

どうもこんにちは、元気いっぱいなねこずの様子をお伝えします。

子猫がいると、どうも子育てしている気分になります。
(子育てしたことないけど)
2匹いるので、歳の近い兄弟とか、双子とかのお母さんのような感じ…?
あっちこっち、目に入る全てが彼らの好奇心をくすぐるようです。
それゆえ、困ること、それはもう…いーーーーーーーっぱいあります!
基本的に困ることしかしてきません!
が、かわいいから許す!

うちにやってきた初日に、爪研ぎにのぼるねこず

ティッシュ箱を潰されようが、ソファで爪研ぎされようが、全て「かわいいやつめ」で済まされるんです。
壁で爪研ぎはちょっとやめて…ってなりますが。(賃貸なので)
きっと猫好きさんならわかってもらえるはず。
それくらい子猫ってかわいいんですよね。
膝で昼寝とか悩殺ものです。

はるもさくもお膝猫なので、眠たくなったときや食後の毛づくろいは膝に乗ってきます。
ただ、困ったことに、そろそろ仕事…とか、そろそろご飯の準備…というときに、察知して乗ってきます。(主にさく)
行きたいけど行くに行けない、困るけど幸せというジレンマを日々感じております。

はるが初めて2段ケージ頂上に到達(うちに来てから2日目)

うちの教育方針?として、ねこずのいたずらは基本、放置してます。
部屋の中にはいたずらされても問題ないものしか置かないように対処してるので、困ることされたら自己責任です。
できるだけ、いたずらされたくないものは片付ける!を徹底しています。

猫自身、飽きたらやめるし、遊び始めた数十秒後には全く別の遊びに切り替えてたりするのも理由のひとつです。
あと、一緒に暮らしている人間があまり迷惑に思ってないというのもあると思います。(猫に関しては非常に寛容に生きてます)
止めに入るときは、猫にとって危険な遊びをし始めたときですね。
どこのお家でもそうだと思いますが、うちでも止めます。
コードをガジガジしたり、網戸に上ったりなんかは「ダメ!」です。
特にさくはコード、はるは網戸マニアなので、目を光らしてます。
全く言うこと聞いてくれないけど、根気強くいきます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です