ねこず事件簿

今日のアイキャッチ:事件後もケロッとしているねこず…

朝起きたら、はるが顔をぺろぺろしに来てくれました。
さくも続いてぺろぺろ。

ん…?
ぺろぺろ、はぐはぐ
噛むんじゃない
んん???

この疑問は、起きてリビングに行ったらわかりました。

いろんなものが散乱している!!!!!
どうしてこうなった!!!!!

…そうです。
やりやがったのです。
やつらは、引き出しに入れていたごはんやおやつの袋を噛みちぎって、勝手に朝ごはんしていたのです!

朝の違和感は、ねこずの口からいつもは無い、生臭さが漂っていたからです…。
惨状は大慌てだったので、写真に収めていません…。
やられたごはんはロイヤルカナン 子猫用カリカリ。
やられたおやつはチャオの焼きかつお。
どちらも袋は無残な姿に。
中身も食べ散らかされていました。
未遂はカナガンキャットフード。
袋が頑丈過ぎて噛みきれなかったらしいです。(数カ所穴は空いていましたが)

お昼寝からの起床

主犯格ははる。
引き出しを開ける腕力は彼しか考えられない。
足腰が弱っちいので、基本高いところに登るのも、さくとの取っ組み合いもほぼ腕力任せ。
日に日に力が強くなっていますが、まさか引き出しをこじ開けるとは…。
野菜ストッカーをねこごはんストッカーにしていたので、匂いが漏れていた&通気口から手を突っ込めたというのが主な原因と犯行の手口だと思います。

のんきにおてて食べてます

共犯者はもちろん、さく。
はるがこじ開けた引き出しから、最近生え揃った自慢の歯で袋を噛みちぎったであろうと推測。

カリカリは袋入れ替えるだけでいいけど、焼きかつおなんて開けたら保存きかないし…。
捨てるには残り過ぎてて勿体無い。
焼きかつおをほぐし、ふやかしたカリカリに混ぜ…
なんだか釈然としませんが、いつもより豪華な朝ごはんになりました。

食い散らかされた無残な姿のごはんが残る現場にねこずを連れて行ったら、

(´・ω・`)

とした顔をしたり、

目を合わしてはならぬ…

…と頑なに飼い主達に目を合わさなかったので、悪いことをしたのは理解してもらえたと思いたいです。

とりあえず、今一番心配なのが、誤飲です。
噛みちぎった袋の残骸がどこを見ても見つからないので、誤飲している可能性が高いと思います。
吐いたり、お腹を触っても痛がったりしていないので、どこかに詰まっている様子は見受けられません。
胃だったら吐き気やチアノーゼが症状として出てきたり、食欲不振になりますが、そんな気配は無く。
腸であれば、お腹を触ると痛がるのですが、これも無く。
誤飲したものは2〜3日してから便に混ざって出てくるはずなのでもう少し様子を見ようと思います。
数日経っても出てこない場合は腸閉塞の可能性が出てくるので、病院ですね…。

本来は誤飲があれば即病院へ電話するか、診察を受けるのがベストです。

誤飲から1時間以内であれば、取り出す処置も可能です。
今回のケースは誤飲から1時間以上経ってからの発見(推定3時間程経過)、診察を受ける頃には誤飲の処置は開腹手術しか選択肢がないため見送りました。
皆様、くれぐれも猫の誤飲にはご注意くださいませ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です