体調が悪くなったらそばにいてくれるのが、猫です。

今日のアイキャッチ:「撫でろ」と視線で訴えてくるさくさん。
もちろん、スーパーもふもふタイムさせて頂きました。

今日は、せっかくの平日休みで、かつ珍しく飼い主ふたりの休みが被る日…。
だというのに、相方は謎の胃痛でダウンしておりました。

昨夜は38.5℃の熱、今朝は胃が痛い&気持ち悪いとのことなので、絶対やらなければいけない用事をさっさと済ませ、おうちでゆっくり過ごしてました。

ずっとベッドでごろごろと転がっていたわけですが、ねこずもそこから離れないんですよね。

わたしの疑問、「飼い猫は本当に飼い主の体調不良のときはそばにいるのか」が実証されました!

飼い猫は飼い主の体調不良のときは、そばにいてくれます!

飼い主が心配すぎて、飼い主の周りをうろうろ…。
たまに生存確認を兼ねて、ぺろぺろ。
そして、眠たくなったら一緒に寝る。

ねこずの看病のおかげで、相方は随分と体調が良くなりました!

はる、さくありがとうね!

相方の体調が良くなってきたので、看病のお礼としてもふもふ。
はるは甘えたかったら、何故か足の指をがぶがぶしにきます(笑)

今日はいつにも増して甘えたさん。
飼い主たちのそばを離れません。

はるのあごニキビをチェック、汚れを取っていたら、おやすみタイムへ…。

失われた野生。

本当に猫なのか?と疑いたくなるような寝姿をお披露目頂きました。
おなかは急所なんですよ。
大丈夫ですか?

猫のヘソ天について

このような「ヘソ天」は、信頼の証だということで、飼い主たちとしては嬉しい限りです。
ねこに限らず、動物全般に言えることですが、おなかを誰かに見せる行為というのは、あなたのこと信頼していますよ!ということだそうです。

家に来たばかりねこさんは、ヘソ天になることが少ないのはこういった理由からです。
飼い主を信頼してないよ!ということ。

慣れていくと次第にヘソ天してくれるようになるので、ゆっくり信頼関係を作っていきましょう!

いきなり仲良くしようと触りまくったり抱っこしたり…はねこさんにとって逆効果になることも多々あります。
仲良くもないのに、べたべた触らないで!と警戒されて、せっかく縮めた距離も遠ざかる一方へ…。

焦らず、ねこさんのペースに合わせて距離を縮めていってくださいね!

初めのうちは、ねこさんが寄ってきたときだけ触る、遊んであげるでも大丈夫です!
気持ちよく寝ているときは、触りたい気持ちをぐっと抑えて、傍で眺めるだけ。

それが仲良くなってヘソ天を見られるコツです!
信頼関係さえ築いてしまえば、あとはそこらじゅうでヘソ天して寝てますよ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です