ブラックスモークタビーの疑い。

今日のアイキャッチ:今日の話題の主役です。

この度、我が家の黒猫代表のさくさんに、まさかの「ブラックスモークタビー」の疑いがあることがわかりました。

黒猫って思いこんでたら、白い毛がちょろちょろと生え始め、99%黒猫だねー!なんて笑ってたら黒猫でもない…?

でも、すごくわかりにくいんですよね。

なでなでしてたときの光の加減でたまたま縞模様がくっきりと見えたのがきっかけです。

飼い主も目を凝らして、よーくよーく観察してようやくシマシマ!と気付きました。

一見するとただの黒猫なんですが、手と足にうっっっすらと縞模様が見えます。

不思議なことに手足によく見えて、背中は模様無いんですよね。(今のところ)

初めは、毛が割れてるから光の加減でそう見えるだけなんじゃない?とかも言ってたんですが、ブラッシングして、毛を平らにしても消えないシマシマ!

こ、これは…!?
まさかのシマシマにゃんこ?

…という結論に至りました。

うちとしてはさくがさくであれば毛色は何色でもいいんですが、成長するたびに姿が変わるので面白いなと思うばかりです。

ブラックスモークタビーというのは、猫の毛色の種類なんですが、あんまり情報がありません。

どうも、調べてみたところ、メインの毛色が黒もしくは濃いグレーで、シマシマ部分がグレーもしくは薄いグレーという毛色のことを指しているみたいです。

ゴーストタビーというのもあるみたいなのですが、こちらはしっぽだけシマシマがあるというもの…?だそうです。

調べてみてもよくわかりませんでした!
顔には特にシマシマは見られず…、ヘーゼル色のお目目が大変きれいということだけわかりました。

これはかわいかったから撮っただけの写真です。

この写真が一番わかりやすいシマシマ具合!

これは毛が割れてるとか、光の加減とかそういうのではなく、ニュートラルな状態の毛です!

シマシマしてますよね!?見えてるの飼い主だけじゃないですよね!?

「ブラックスモークタビー」でGoogle検索してみたら、もっと毛色の薄くてはっきりした模様の子ばっかりだったので、果たして呼び名はこれで本当に合っているのだろうかと疑問の点が多いのですが…。

我が家でのさくの毛色は黒猫(ブラックスモークタビー)ということで決着がつきそうです。

黒猫は黒猫なんで、さくはそのまま黒猫で通してもらおうかと思います。

ちなみに、ブラックスモークタビーはヨーロッパ系の猫の遺伝子みたいですね!

さくのご両親はきっとヨーロッパの血を継いでいたのでしょう…。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です