おでぶじゃないのよ、もふもふなのよ。

今日のアイキャッチ:もちっとして、ふわっとして、まるっとしたお姿のさくさん。

さくの毛がもふもふになってきて、床に落ちている姿がデブに見えるようになってきました。

体重は適正体重で、特にぽよぽよでもなく、かといって筋肉質なわけでもない普通の(いわば中肉中背)猫さんです。

もちもちボディに見えるのは、長毛や短毛でもダブルコートの毛質の猫さんに見られる現象ですね!

さくなんて、もともと顔の骨格は三角形なんですよ。

三角形なんですが、毛がもふもふしすぎておまんじゅうみたいになってきました。

男の子なので、やさしい顔立ちしてるのも相まって、おまんじゅう感がすごいです。

普段はこんな感じできりっとしてるんですが…。

男の子らしくて、イケメン。

いつもおめめくりくりですが、こんな表情もできるんですよ!

それが、写真を撮る位置を変えたり、視線誘導してみると、あら不思議。

さくさん、顔丸いですね。
角度によってはデブにも見えかねません。

さらに顔だけしっかりと写してみました。

顔も丸いですが、目も丸い。

月並みな表現ですが、ビー玉みたいなおめめです。

以前飼ってた猫がそうだったので、猫の目ってもっと釣り目なイメージがあったんですが、まんまるな子もいるもんですね。

顔も目も丸いってなってくると、おまんじゅう感…ぬいぐるみ感がすごい。

ぷるるるううぁあああ(丸いとかデブとか言うな)
すみません。

さくは少しずつですが、人の言葉を理解するようになってきたので、すぐに文句言ってきます。

キッチンの棚から降ろしたり、遊んでるビニール袋(片付けようとしたら奪われた)を取ったりしたら大体文句言われます。

不服感がよく伝わってきますね!

20年経たずに猫又になる予感がひしひしと感じられます。

あと10年くらいで人語はきっとマスターするだろうし、なんならしっぽも二又に分かれそう。

まだ家のドアは開けられないので、開けられたらいよいよですね!

さくがしゃべれるようになったら、ごはんの好みとかを聞いてみたい。

何が好きで何が嫌いか、飼い主への要望と、欲しいものとか、はるのことめっちゃ吸いにいくけど、どう思ってやってるの?とか…。

これはもちろんはるにも聞いてみたいんですが、現状はさくの方が早くしゃべれそうなので、さくに期待。

…という希望と夢くらいは語ってもいいですよね!

いつか「翻訳コンニャク(ドラえもんの道具)」が世に出てくることを期待して待っていようと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です