キャットフードの選び方!(ドライ編)

キャットフードジプシーのみなさま、こんにちは。
キャットフードって種類が多すぎて、どれを選んだらいいかわからない…そんなお悩みを持つ方は少なくないと思います!
今回は、そんなお悩みを持つ方に、キャットフードの選び方をお伝えします!

安価なキャットフードは危険!?

ここを回避することで、かなりの数を絞っていくことができます。
目安としては、1.5kgあたり1500円以下のもの。
人間のごはんと同じく、価格と素材の質は比例します。
ホームセンター、スーパーなどで売られているのはほぼこの価格帯です。

何が危険なのかというと、「素材」が危険なんです。
猫は「肉食」です。
なので、猫が食べることを目的としている、キャットフードには動物性たんぱく質が必ず入っています。

しかし、「チキン味」と表記しておきながらも、必ずしも食肉用のチキンが入っているとは限りません。
「家禽ミール(〇〇ミール)」や「肉副産物」と書かれているものはまず疑った方が賢明です。
食肉として使えない部分(チキンであれば、トサカやクチバシなど)を加工しているものを指すことが多いんです。。

酷いものになると、様々な動物の死骸から取った肉(死因は病気だったり、薬漬けになったりいろいろ)と余った骨を粉末状にしたものなどなど…。
ぞっとするようなものが入っています。
そんな出どころがわからない肉を使ったキャットフードが安全なわけないですよね。

魚であっても、栄養分を搾り取られたカスカスの部分が材料として加えられています。
…残念ながら栄養分は無いに等しいのです。

粗悪なキャットフードを与えても、栄養が少ないので量を与えなければいけなくなります。
量と回数が増えることによって、肝臓・腎臓に負担をかけます。

うんちがもりもり出るだけで、猫の身体に良くありません…。

良質なキャットフードは栄養豊富なので、与える量は意外と少ない量で済みます。
1.5kgで4000円するキャットフードでも、1匹の成猫でおよそ1ヶ月分です。
1日あたり133円で質の良いごはんに変えることができると思えば安くないですか?(自販機のジュース以下ですよ!)

グルテンフリーは本当にいいの?

結論としては、良いです。
猫は「肉食」の生き物です。
生きる上で、穀物を必要とはしていません。

フードに占める割合が3割程度であれば、全く問題が無いのですが、多量に含まれるとなると消化器官に負担がかかります。
猫の身体は、人間と違って腸の長さが短く、穀物を消化するのが苦手です。

安価なキャットフードを買うことは、毎日それを食べる猫の消化器官に負担を強いることになります。
なぜなら、安価に作るために、カサ増しとして穀物が多量に使用されているからです。
成分表には、穀物を含めた栄養素の数値を記載していますが、猫自身が完全に消化・吸収できるとは限りません。

栄養不足になりやすいので、できればグルテンフリー、もしくは入っていても少ないキャットフードを選びましょう。

猫の食物アレルギーに気をつけて!

猫にもアレルギーはあります。
花粉症だってありますし、食べ物でもアレルギーは出ます。
かゆみ・嘔吐・発熱など症状は多岐に渡りますが、食後1~2時間で症状が見られることが多いです。

いわゆる「即時型」と呼ばれるものです。

中には遅延型という数日後に症状が表れる場合もありますので、上記のような症状が数日続く場合は、アレルギーを疑い、動物病院へ行きましょう!
傾向としては、肉(チキン)よりも魚の方がアレルギーが出やすいそうです。
ちなみに穀物(特に小麦)はアレルギーはもっと出やすいと言われています。

キャットフードのローテーションはするべき?

こちらは賛否両論ありますが、個人的には「するべき」だと思います。
猫の味覚は1歳くらいまでに決まります。
この間にいろいろな食材を食べさせることにより、偏食を限りなく減らすことができます。

1歳までに食べなかったものは基本的に嫌がります。
大人になるまで、チキンのフードしか食べてこなかった猫が、急に魚のフードを出されても、食べてくれる確率はそれほど高くありません。

病気に罹り、療法食を食べさせなさい!と病院から言われても、偏食だとかなり苦労します。
できるだけ素材を変えて、ドライ・ウェット関わらず、いろいろなキャットフードを食べさせるのがおすすめです。
ローテーションにより、腎臓への負担がかかると言われていたりもしますが、1歳まではあまり気にしなくても大丈夫です。
心配であれば、動物病院の先生に相談するのもいいですよ!

「nekozworks」としては、ローテーション推進派ですが、しない選択肢もありです。
キャットフードに対する考え方は人それぞれですが、一番大切なのはねこさんがより良い暮らしが出来ることだと考えています!
ローテーションはする・しないはねこさんによって臨機応変に変えるのがベストです。

ベストがわかるまでは難しいと思いますが、くいつき具合や飽きなども考慮して、おいしいごはんを提供するのが飼い主の役目です!

読んでくださっている方も、わたしもねこ好きとして、ねこさんの為に頑張っていきましょう!

関連記事

キャットフードの選び方!(ドライ編)
たまの伝説(まぐろとにぼし)食べてみた。
無一物食べてみた



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です