キャットフードジプシー再び(シンプリーあんまりだった件)

今日のアイキャッチ:さくがイケメン

ドライフードに悩んでます、はるとさくとつぐりです。

ねこずが来てから、メインのドライフードはレティシアン社のカナガン・モグニャン・シンプリーを選んでいました。
どれも子猫のうちから食べられる、全年齢用のドライフードということが選んだ理由です。

カナガンはチキンが主成分で、モグニャン・シンプリーは魚が主成分です。
モグニャンは白身魚(タラなど)を使用していて、シンプリーはサーモンがメインです。

いろいろな比較サイトや、レビューを見て、このフードが良さそう!と思って買ってみました。
1周目を食べきり、リピートもしてみたら…。
どうやら、うちのねこずは「魚系ドライフード」があまり好きではないらしい…ことが発覚。

カナガンはすごく好きみたいなんですけどね。

特にシンプリーがあまりお好みではない模様です。
くいつきが明らかに悪い。

食べるのは食べるんですけど、すごくテンションが低い
なので、飼い主からみて、いろいろと考察してみました。

シンプリーが合わない理由を考えてみた

キャットフードと猫の食いつきに関してはいろいろな要素が関係してきます。

  • 食材
  • 匂い
  • 大きさ
  • 固さ

恐らく他にも食いつきと関係する要素があると思いますが、前提条件はこれでいきます!

食材に関しては、ねこさんの味覚によるので、飼い主としては改善するのはなかなか難しいです。
お好みのものをあげてください!
今回のケースは我が家ではこれが原因かな?と考えています。

匂いは、ねこの嗅覚をいかに刺激するかというポイントです。
正直言うと、カナガンは飼い主的に結構すごい匂いを放ってきます(笑)
でも、ねこずとしては「たまらん!」という様子です。

シンプリーの匂いはねこずからすると、食欲をそそらない匂いのようです。
ごはんの準備をしていても、催促の声が小さめ…。
カナガン・モグニャンだと反応がすごいのに、シンプリーのときは要求控えめです。

形・大きさ・固さは成猫であればあまり左右されなさそうですが、子猫や老猫はかなり重要かと思われます。
カナガンとシンプリーはほぼ同じ大きさですが、モグニャンはかなり小さめです。
子猫・老猫としては、小さめで柔らかめの方が嬉しいと思います。
ねこずはもう歯が生えているので、あまり関係はなさそうです。

チキン素材のものはカナガンでほぼ決定しているのですが、おさかな素材のものがなにかいいのないかなーと困っています。
この感じだとモグニャンもあまり食べなさそうなので…。

無一物とかたまの伝説は食べるくせに…。

まだまだねこずの食に関しての問題は、研究が必要みたいです。

今日の夕飯時の事故

こぼれたごはんを狙うねこず(何粒か食べられました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です