猫の医療費ってどうしてる?保険加入編

前回の記事猫の医療費ってどうしてる?貯蓄編の続きです!

貯蓄を選ぶか保険を選ぶか…なかなか難しいところはあります。

うちでは、前回の記事にも書きましたが、はるが先天性の骨格異常を持っているため、ペット保険に入るのをやめて、貯蓄することを選びました。

骨格異常があっても保険には入れますが、はるの場合は両後ろ足のリンパ腺のしこりもあるので、保険が下りない可能性が高かったんです。

ただ、ペット保険には大きなメリットもあるので、こちらで紹介していきたいと思います!

nekozworksでは、いろいろな理由があって、貯蓄を選んでおりますが、ペット保険のことも知っておいていただきたいと思っております!

貯蓄と比べた際のペット保険の利点は?

一言で言えば、保証の厚さです。

幅広い病気や怪我が対象となり、そのほとんどが高額治療が必要なものが多いです。

人間と違って、国から補助が出るわけでもないので、骨折だけでも治療に何万というお金がかかります。

猫なら高いところにのぼって、降りるのに失敗…そして骨折してしまったなんてケースが多いです。

あとは腎臓病になりやすいので結石などの投薬治療や、手術にもお金がかかります。

そういった怪我や病気の治療費に、補償があれば安心ですよね!

保障最大金額が設定されている保険会社が多いのですが、その内訳をみても、年間最大50万円から100万円(会社によっても、加入プランによっても幅がありますが…)の補償が受けられます。

1匹あたり、月々の保険料が2000円だとすると、年間で24000円。

年間24000円で年間50万円の補償が受けられるとしたら、これはかなり安心できるポイントではないでしょうか?

身体が比較的弱めな子でも、身体的な特徴がなく、レントゲンを撮っても内臓に異常が見られない子であれば、入る価値は存分にあると思います。

丈夫な子であれば、「安心を買う」ということで保険に入るのもありかなと思います。

ペット保険加入の注意点

人間の保険とは違って、ペット保険は歴史が浅いので、サービスが停止(補償は継続)したり、内容が大きくかわることがあります。

保険選びは慎重に行ないたいポイントです。

ペット保険もいろいろな会社から出ており、それぞれ補償される病気や怪我の項目、補償額や加入年齢制限、が変わってきます。

もし、ペット保険に加入するのであれば、資料の請求はしてみてもいいかもしれません。

猫なら何歳までしか加入できないなどの制限も多く、おうちで暮らしている猫がそれに該当するかは保険会社によっても大きく異なります。

ペット保険の補償システムについて

ペット保険の加入に関しては、年齢制限があったり、特定の持病(猫エイズなど)があったりすると加入できないということが多々あります。

加入して1ヶ月以内の病気・怪我は補償の対象外になったり、疾患が長く続いた場合、対象から外れたりすることもあります。

疾患が長く続き、10日以上連続で入院したり、通算10日以上は不可というのも存在します。

これは最大補償金額以下であっても、日数を超えてしまうとそれ以上補償が受けられません。

加入プランによっては、30、70、100%と補償の際に補填される金額も差があります。

途中でプラン変更も可能な保険もありますので、どのプランが最適なのか、定期的に見直してもいいかもしれませんね!

あと、ペット保険は毎年のワクチン代は補償対象外なのでお気を付けください!

各社調べてみたら、今のところワクチン補償してくれる保険はありませんでした…。

ペット保険の保険料について

ペット保険の保険料は年齢と共に上がっていくケースが多く、最初は数百円でもあとから何千円とかかることもあります。

トータルで考えて、保険料が一定なのか年々上がっていくタイプなのかを計算に入れて加入を検討することをおすすめします。

最初数百円のところは3~4年に1回くらい保険料が段階的に上がっていくことが多いです。

金額が段階的に上がるタイプだと、一定の保険料のプランよりも結果的には保険料が高くつくこともあります。

おうちの猫さんが、ものすごく長生きする(20歳くらい)という前提で計算しましょう!

まとめ

一緒に暮らしている猫さんのパートナーとして、超長生きする前提(やっぱり長生きして欲しいですから!)でいろいろと保険も補償だけではなくトータルの保険料も込みで検討しましょう!

うちの場合は、何度も言いますが「貯蓄」を選びました。

理由は、先天性異常により、本来受けられるサービスが受けられない可能性が高かったからです。

超健康体の黒猫(さく)だけであれば、保険に加入していたと思います。

むしろ、加入する予定でいろいろと調べていました。

さくだけ加入させてもよかったのですが、貯蓄するなら多い方がいいかなと保険料に使うと想定している分をすべて貯蓄にしています。

保険をかけるべきか、貯蓄をするべきか、本来であればどちらもできれば一番いい選択だと思いますが、なかなか難しいところがあります。

どちらがいいのか、一度考えるきっかけになればいいなと思っております!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です