猫だって、熱中症になります!予防と対処法まとめ

みなさん、人間だけではなく、猫も熱中症になるってご存知ですか?
猫は比較的、暑さに強い動物と言われています。
しかし、猫は人間のように汗をかいて身体を冷ますことが出来ません。
適応できる気温以上の暑さになってしまうと、人間と同じように熱中症になってしまいます。

猫はしゃべることができないため、熱中症になっているかどうか、判断が難しい場合もあります。
そして、熱中症になってしまった場合、重症化しやすく、最悪の場合死に至ることも…。

熱中症は、予防さえしっかりしておけば、何も心配することはありません!
予防に対策、そして、熱中症になってしまった場合の対処法を、ここでお伝えしようと思います

熱中症の症状とは?

熱中症とは、高温多湿な環境に、身体が適応できないことで生じる諸症状に対する総称です。
体温が急激に高くなって、正常な体温を保てなくなることによって発症します。
熱中症になってしまうと、体温は40℃を超えると言われています。
抱きかかえたり、触れたときに、普段より身体が熱いなと感じたら要注意です!

子猫の平均体温は38~38.5℃、成猫であれば37.5~38℃程度と言われています。
ねこさんによっては、体温計測時に緊張や興奮したり、また、個体差によって体温は若干変わりますので、あくまで目安と考えてください。

わかりやすい症状としては、口を開けて呼吸をしている、よだれが口から垂れている…場合です。
猫は犬と違って、舌を出して体温調節をする動物ではありません。
激しいじゃれあいをした後の息切れや、リラックスしていると口が開き、舌が出ることがありますが、そういった様子が見られなかった場合は、熱中症である可能性があります。
よだれも口内に怪我や病気などがなければ、まず出ることはありません。

また、少し見にくい場所ではありますが、目や口の中の粘膜が赤く充血することもあります。
症状が進むと、ふらつきや吐き気を催したり、嘔吐・下痢などの症状が現れます。
足の筋肉などが硬くなるといった症状も見られることがあります。

重度になると、全身の力が抜け、手足のふるえや失神などが見られます。
呼びかけに反応せず、自分で水を飲むことが出来ない場合は大変危険な状態です。

この場合は、焦って水を飲ませたりしないようにしましょう。
上手く水が飲めず、気管に水が流れ、肺炎や窒息死を招くことがあります。

更に悪化すると、意識が無くなり、全身の痙攣、吐血・血便・血尿などといった出血症状を起こします。
酸素を取り込めずに起こるチアノーゼ、最悪の場合はショック症状によって死に至ります。

熱中症の原因を知ろう!

熱中症の原因は、急激な体温の上昇です。

人間と違って、猫は発汗で体温を調節することが出来ません。
なぜなら、汗を分泌する汗腺が非常に少ないからです。
人間であれば、多少の体温上昇も発汗によって下げることが出来ますが、猫には発汗が出来ないので、一度体温が上がってしまうと下げることが難しくなります。

熱中症にならないためには、まず予防!

予防さえしっかりしておけば、そうそう室内飼いの猫は熱中症は起こりません。
しかし、予防をしておかないと、室内飼いの猫でも熱中症になります。

その予防は大変簡単です!

熱中症の大きな要因は、体温の上昇です。
それさえ防ぐことが出来れば、熱中症になるリスクを格段に減らすことが出来ます。

風通しを良くし、室温を下げること。
日差しが強いところは、日差しを遮るように工夫しましょう!
カーテン一枚でも随分変わります。

室温を下げるには、エアコンを使用することがほとんどだと思います。

扇風機では風通しを良くできますが、室温を下げる効果はあまり見込めません。
人間にとっては涼しい扇風機も、毛皮がある猫にとっては特に変わりません。
毛皮によって、風による冷気を感じ取ることができないからです。

ねこさんがいるおうちでは、エアコンをつけるのが望ましいと言えるでしょう。
室温は、28℃から30℃でエアコンをかけておけば十分かと思います。

実際、我が家では室温29~30℃の設定で24時間エアコンを作動させていますが、人間も、ねこさんも、とても快適に過ごせています。
エアコンの種類によっては、温度を高く設定していても、寒く感じることがあるかもしれません。
ねこさんが自由に快適な温度の場所へ移動できるように、通路も工夫するといいかもしれません。

次に、飲み水は常に清潔にすること。
ペットを飼っている人間としては、当たり前のことですが、ねこさんの水は必ず換えてあげましょう!
夏場は1日に3回を目安に換えるのがいいと思います。
朝・夕・寝る前に交換し、その度に水皿もスポンジで洗うとなお良しです!
水皿が汚れていたり、水がぬるいと飲むのを嫌がります。
水分を補給できないと脱水症状になり、熱中症のリスクが高まる上に、悪化しやすくなります。

水をこまめに飲んでもらうことは、ねこさんが出来る熱中症の予防でもあります。

最後に、トイレも常に清潔にしましょう。
実は、排尿も体温を下げる効果があります。
トイレがきれいでないと、トイレを我慢する子もいます。

たかがトイレ、されどトイレです!
これもねこさんが出来る熱中症予防のひとつなんです!

飼い主さんは出来る限り、熱中症になりにくい環境を作ることを考えていきましょう!

子猫・老猫は特に熱中症になりやすいと言えます。
体調が悪くなっていないか、食欲は低下していないか、など気温が高いうちはよく観察するのも予防のひとつです。
猫も食欲不振といった、夏バテを起こすこともあります。
些細な体調不良も、熱中症に繋がることがあるので、十分注意しましょう!

熱中症になりやすい猫も中にはいます。
先ほど例に挙げた、子猫・老猫の他、ペルシャなどの鼻がぺちゃっとしている猫、太り気味・肥満体型の猫です。
このねこさんと一緒に暮らしている飼い主さんは特に注意が必要です!

熱中症になってしまったら…。

残念ながら、予防をしていても熱中症になることもあります。
熱中症になってしまった場合はどうすればいいのか、こちらでお伝えしていきます。

軽度の場合(口を開けて呼吸しているなど):身体を冷やすことが先決です!
風通しの良い、涼しい部屋に移動し、冷たい水で濡らして絞ったタオルなどで全身を包みます。
猫も人間と同様に、体内を巡る血管に太さの違いがあります。
太い血管を狙って冷やすことにより、効率よく体温を下げることができます。
手足の付け根、首に冷えたタオルを当てると良いでしょう。

冷やす際には、体温の下がりすぎに注意してください。
氷枕、保冷剤を使用する場合は、体温が下がりすぎて低体温症になることがあります。

タオルによって呼吸がしにくくならないように、首の位置には気を付けて処置を行ないましょう。
猫が昼寝をしているような、自然な首の位置で処置を行なうのがポイントです。

体温を測りながら、様子見しつつ適正な体温まで下げることができれば、動物病院へ連絡し、診察を受けてください。
脱水症状がある場合は点滴などの処置を受けることもできます。

中度・重度の場合(痙攣・失神している):基本的には処置の方法は軽度と同じです。
ただし、この状態を発見した場合はすぐに動物病院へ連絡してください。
そして、病院の先生の指示に従って処置を行ないます。

このとき、焦って無理に水を飲ませたりしようとしがちですが、意識がない状態で水を飲ませるのは大変危険です。
水を無理に飲ませたりせず、体温を下げることに注力しましょう!

夏本番、楽しい季節でもありますが、残念ながら、こういった熱中症が後を絶ちません…。
熱中症は、少しの知識と気遣いさえあれば防げる病気です。
この記事によって、熱中症が原因で苦しむねこさんが少しでも減ればいいなと思います!

関連記事

熱中症になりやすい猫もいる!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です