猫のワクチン接種、きちんと受けてますか?

みなさんのおうちの猫さんは、ワクチン接種きちんとできていますか?

室内飼い、室外飼い問わず、ワクチン接種は基本的には行なう必要があります。

なぜワクチン接種が必要なのか…、今日はそんなお話をさせて頂こうかと思います。

そもそも、ワクチンってなに?

ワクチンは大きくわけると作り方で2種類に分けられます。

  • 生ワクチン
  • 不活化ワクチン

…です。

それぞれ特徴があります。

生ワクチンは病原性を弱めたウイルスや細菌を主成分としています。

人間にも同じことが言えますが、体内に病原菌が入ることにより、身体の中で病原菌に対抗しようと抗体が作られます。

自然に近い状態で免疫が付けられるのですが、熱が出たり、しんどそうな様子を見せることがあります。

生ワクチンでのワクチン接種は初乳による母親からの免疫力(移行抗体)の影響を受けやすいと言われています。

不活化ワクチンは、ウイルスや細菌の増殖する力を完全に不活性化します。

免疫力を作るのに必要な成分だけを使用しています。

生ワクチンと違い、接種しても熱が出たり(病気の症状)することがない反面、1回だけ接種しても十分な免疫力がつかない場合があります。

生ワクチンと比べると、病原体による身体の負担が少ないと思われがちですが、この不活化ワクチンは「免疫賦活剤」と言われる免疫機能を活性化させるものが入っています。

この免疫賦活剤がアレルギー反応を起こすリスクがあります。

どちらのワクチンも、一度接種して完了!ではなく、抗体も病原菌に対する記憶(免疫記憶)が薄れてしまい、効果は生涯続きません。

免疫記憶とは
体内の抗体が、病原菌に対抗するための方法のことです。
脳と同じく、抗体も記憶をもっており、この病気に対してはAの方法で、これはBの方法で…と記憶の引き出しがあります。

記憶が薄れてしまい、忘れてしまうと、病気になったときに重症化してしまうリスクが高くなります。

こうなる前に、再度ワクチンを接種する必要があるということで、猫は接種後1年経過したら再度接種するということが推奨されています。

ワクチンを接種するメリットは?

猫が病原体に感染し、病気になるリスクを減らすのが主な目的になります。

しかし、それ以外にも大きなメリットがあるんです。

  • 病原体に感染すると重症化し、最悪の場合死に至る可能性が高い、危険性が危惧させる病気。
  • 人間にも感染し、猫だけではなく、人間の健康に重大な被害を及ぼす可能性がある病気。
  • 流行している病原体で、さまざま動物に被害を与える可能性がある病気。

これらの、かなり危険度が高いと言われている病気をワクチンで抑えることによって、猫と猫と一緒に暮らす人間や犬、うさぎなどの安全も守られます。

こちらは積極的に接種したい「コアワクチン」と言われるワクチンです。

コアワクチンと対照となる「ノンコアワクチン」というのもあります。

こちらに関しては、危険度の高い病気以外の病気が対象で、接種を推奨するかどうかは飼育環境や病気の流行状況によって変わります。

コアワクチンが室内・室外飼いのすべての猫を対象としたもので、ノンコアワクチンが室内飼いの猫を対象としたものと考えてもいいかもしれません。

ちなみに、猫のコアワクチンは…。

  • 猫ヘルペスウイルス(角膜炎・肺炎の原因にも…)
  • 猫カリシウイルス(別名猫の風邪・インフルエンザ)
  • 猫パルボウイルス(致死率・伝染性が非常に高い)

ヘルペスウイルスは角膜炎からの失明や肺炎によって死亡例もある危険な病気です。

カリシウイルスと併発する場合はより重症化しやすくなります。

パルボウイルスは、獣医が最も嫌う猫の病気のひとつで、感染した場合、治療にも時間がかかるうえに、病原菌の消毒や除去が困難と言われています。

ノンコアワクチンは…

  • 猫白血病ウイルス
  • クラミジア
  • 猫エイズ(猫免疫不全症候群)

感染するとどれもやっかいな病気ではありますが、基本的には室内飼いの猫さんの場合は不要なことが多いです。

ただし、完全室内飼いではなく、庭やベランダで遊ばせたり、野良猫が出入りするような環境であれば、接種を考えるべきかもしれません。

ペットホテルの利用が多い場合も注意が必要です。

ワクチンの種類について

ワクチンには3種・5種・7種といった混合ワクチン(多価ワクチン)があります。

逆に、1種類だけの病気を予防するものが単価ワクチンと呼ばれています。

メジャーなのは混合ワクチンです。

混合ワクチンは最初、数字が大きい方がいい!と思っていましたが、逆です!

混合ワクチンは数が増える程、猫にとって負担がかかります。

完全室内飼いであれば3種で十分です。(コアワクチンのみの接種)

病院によっては、3種を扱っていないところもあるので、完全室内飼いの場合は3種を扱っているところを探すのもありだと思います。

5種、7種となってくると、室外飼いの猫が対象になってきます。

こちらに関しては、コア・ノンコアワクチンです。

5種も7種も予防できる病気は一緒ですが、7種は5種に比べるとカリシウイルスに幅広く対応しています。(カリシウイルスは複数種あります)

まとめ

飼い主の正しい知識と、対処で防げる病気がたくさんあります。

人間と猫の豊かな共存生活のためにも、ワクチンは定期的に接種しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です